癌(がん)を治せる本物の治療が潰され世の中に出ない理由

一昔前まで癌(がん)は不治の病として患者の心理負担なども考慮され、病名が告知がされないほどの病気だったわけですが、実は癌(がん)を治せる治療方法はもっと昔から存在していたのです。

情報統制や情報操作によって真実は隠蔽され、本当の情報が世の中に出ないのは世界各国で共通していてその理由も明確に存在します。

驚くことに実は癌(がん)は簡単に治る病気だったのです。

信念のある本物の医師はいろいろな書籍を出版してくれています。

ガンは5年以内に日本から消える!
宗像久男、小林英男(著)

癌(がん)には悪性のものや、医師の近藤誠さんが提唱したがんもどき理論といったものも存在します。

薬をやめると病気は治ると真実を語られ、免疫学の権威だった安保徹さんが命を奪われたように、難病との闘病前には本当の情報を精査してよく考えて治療方法を選ぶ必要があります。

癌が治る本物の治療方法

癌(がん)について、いろいろな視点を持って調べだすと現代医療は医療利権の問題を中心にインチキがまかり通っているという事が理解できるようになります。

薬害エイズ事件や子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)の副作用の問題も根本は同じです。

日本における癌(がん)の標準治療(手術、抗がん剤、放射線)が批判される事があったり、抗がん剤によって患者が殺されているといった意見や、抗がん剤は使うべきでないという本物の医者や本物の日本人がいるのにも理由があるわけです。

この問題を理解するにはある程度の勉強と理解力が必要です。

恐ろしい抗がん剤ビジネスはもちろんですが、卑劣なワクチンビジネス、糖尿病のインシュリン利権、インチキな高血圧の基準を作って降圧剤で健康を壊すなど日本の医療は嘘で塗り固められた悲惨な状況です。

癌(がん)が治る本物の治療方法は潰されるか情報統制によって隠蔽されてきたわけですが、どういったものがあるのかキーワードを元に調べれるようにご紹介します。

癌(がん)の原因を突き止めロイヤル・レイモンド・ライフ博士の光の波長を使った癌治療は研究施設からの盗難や放火で潰されました。ガストン・ネサンが発見したソマチッド(ソマチット)の研究を元に開発した「714-X」という免疫強化剤も潰されかけて裁判まで起こされてますが、ガストン・ネサンに命を救われた多くの患者達の協力で無罪になっています。

食事療法

癌(がん)は食事療法で治るというのは研究結果や実績から証明されている事実です。

食べ物は人の持つ自然治癒力や免疫力とも関係しますし、抗がん作用のある食品などが存在する事、癌細胞の栄養となるブドウ糖などの糖質制限の効果などいろいろな研究があります。

日本でも医師を含めたたくさんの方が書籍を出版されています。

「ガンが食事で治る」という事実―済陽式ガンの食事療法vs星野式ゲルソン療法
済陽高穂、 星野仁彦(著)

食事療法は無農薬で有機栽培の作物を食べる事が重要なので、農薬や添加物、科学調味料まみれの遺伝子組み換え食品や料理を食べると本来の効果は望めません。

ゲルソン療法

ゲルソン療法はマックス・ゲルソン博士が1930年代に考案した食事療法です。有機栽培の作物が重要という考え方は今も多くの人達に支持されています。

ゲルソン療法は人参ジュースをたくさん飲むといった印象がありますが、他にもいろいろとあるので実践する場合は書籍を購入したり、食事指導をしている専門家や医師のアドバイスも必要です。

ガン食事療法全書
マックス・ゲルソン、今村光一(著)

医師の宗像久男さんがワールドフォーラムの講演でゲルソン療法や人参ジュースについて話されています。

甲田療法

医師であり医学博士でもあった甲田光雄さんが考案した甲田療法は、西勝造さんの西式健康法を基本に、菜食の少食療法として西式甲田療法とも呼ばれています。

大量の宿便が排泄されると胃腸が整って病気を治すという理論ですが、小腸が免疫の7割前後をになっている事や千島学説の腸管造血説とも整合性は取れる食事療法といえます。

断食

断食で何故癌(がん)が治るのかという理論や理屈ですが、空腹時に出るホルモンや酵素であったり、生きようとする本能が免疫を上げるといった理論を元に研究や実践がされています。

癌(がん)治療に限らずロシアの絶食療法などはメディアも取り上げていた事があります。

糖質制限や小食療法なども含めて専門家や医師の指導も存在します。

断食道場などもありますし、書籍がたくさん出版されているので個人でも学ぶ事はできます。

CEAT

癌活性消滅療法(Cancer Energy Annihilation Therapy: CEAT)は前田華郎さんが開発されたマイクロ波照射による癌治療です。

がん治療に苦痛と絶望はいらない 余命2ヵ月を完治に導くがん活性消滅療法
前田 華郎(著)

痛み、副作用、後遺症のない治療 「がん活性消滅療法」という選択
前田華郎(著)

医師であり医学博士でもある前田華郎さんはワールドフォーラムの講演にも登壇されています。

AWG

AWGは獣医の松浦優之博士が開発した電子照射機=AWG(Arbitray Waveform Generator)の事で段階的素粒子波動発生装置とも呼ばれています。

本物の治療方法が世に中に出ると困る人達がいるので弾圧されるわけですが、松浦優之博士は医師法違反と薬事法違反の容疑をかけられています。

現在は厚生労働省認可の医療機器として承認されています。

AWGについてネット上にあまり綺麗にまとまった情報はなく書籍などから情報を拾う必要があります。

「AWG」は魔術か、医術か?
俊成 正樹(著)

開発者サイトには下記の掲載がありました。

開発者の松浦優之医博の理念に反し、中に入り込み、取り入り、ノウハウや機密事項を入手し、コピー品を製造販売しているところが見受けられます。

ベンズアルデヒド

癌(がん)の特効薬として「ベンズアルデヒド」というものが1987年ごろに東風睦之(こち むつゆき)博士の手によって発見されています。

東風睦之博士がイチジク抽出液からハツカネズミの腹水がんの移植阻害に有効な成分を分離し、これをベンズアルデヒドと同定しました。

米国国立スローンケタリンク癌研究所の機関誌という国際的に権威ある学術誌に掲載されています。

がんの特効薬は発見済みだ!
岡崎 公彦(著)

医師の岡崎公彦さんが追認した研究発表を出したようですが、どこの学術雑誌も掲載拒否になっているようです。どうやら丸山ワクチンと同様の仕打ちを被ったともいえます。

重曹

重曹が癌の治療に効果があるのは医師の福田一典さんが重曹療法としてご自身のブログに記事を掲載されています。

掃除に使ったり、食品添加物として料理に使う重曹です。

実際には重曹の主な成分である炭酸水素ナトリウム(別名:重炭酸ナトリウム)の事です。

元々はイタリアの医師トゥーリオ・シモンチーニが癌患者の治療に使って成果を上げていました。

ただシモンチーニは医療利権を持っている人間達から目の敵にされ2006年に医師免許を剥奪されています。

治せる治療方法が潰される理由

癌の標準治療(手術、抗がん剤、放射線)は副作用で多くの人が亡くなっていたり、再発率が高かったりと問題面が指摘されています。

一方で副作用が少なく癌を治せる治療が広まらず潰される理由は明確です。

その理由とは医療利権と人口削減です。

ディープ・ステート(イルミナティ)の支配下にある悪質な製薬会社はお金儲けをしたくて仕方がないわけです。そして癌が完治するまで治っては困るわけです。原因不明の病気として存在し続ける必要があり、抗がん剤を使い続けさせ、再発してもらわないと困るわけです。

製薬会社の裏にいるディープ・ステート(イルミナティ)は人口削減をしようと計画しているので、病気になる原因を様々な所で作り、本当の治療方法は潰して決して世の中に広まらないようにしているわけです。

ディープ・ステート(イルミナティ)について理解しないと医療だけでなく、金融や経済、科学、犯罪、テロ、戦争、歴史などでのインチキや捏造、情報規制、情報統制、洗脳支配などを見抜けません。

⇒ ディープ・ステートの意味と陰謀論

ロイヤル・レイモンド・ライフ

ロイヤル・レイモンド・ライフ博士は光の波長を使った癌治療を確立した方です。

抹殺されたがん治療法

ガストン・ネサン

ガストン・ネサンは微小生命体のソマチッド(ソマチット)を発見し、「714-X」という免疫強化剤を開発しています。

ガストン・ネサン - Wikipedia

トゥーリオ・シモンチーニ

イタリアの医師トゥーリオ・シモンチーニは癌(がん)は真菌症であり、重曹を注射することによって治療できるという説を元に治療をおこなっていました。

カンジダなどが真菌、すなわちカビ菌です。

重曹治療で死者を出したことによって禁固刑まで受けています。

抗がん剤でいくら患者を死に追いやっても誰も何も文句を言わないのに、患者を助けれる治療で死者を出すとなぜか禁固刑になっている理由を考えてみてください。

シモンチーニは日本にも来日しています。デイヴィッド・アイクがシモンチーニの事を紹介して記事にしています。

丸山ワクチン

丸山ワクチンは丸山千里博士が元々は結核用のワクチンとして開発したもので、がん免疫療法剤です。

丸山ワクチンとがんを考える会
https://www.ssm-cancer.gr.jp/

丸山ワクチン患者・家族の会
https://www.maruwaku.gr.jp/

国が認めない丸山ワクチンの謎
http://www.ntv.co.jp/gyoten/backnumber/article/20180109_12.html

千島学説

千島喜久男博士が提唱した腸造血説などを含めた学説で現代医療の矛盾などとも整合性があり、東洋医学を学ぶ人間から少しずつ支持されてきています。

森下敬一博士も同様の研究をしている事から千島・森下学説とも呼ばれています。

千島学説の8つの原理

  • 第1原理:赤血球分化説
  • 第2原理:赤血球と各種細胞や組織との間の可逆的分化説
  • 第3原理:バクテリア(細菌)やウイルスの自然発生説
  • 第4原理:細胞新生説
  • 第5原理:腸造血説
  • 第6原理:遺伝学の盲点
  • 第7原理:進化論の盲点
  • 第8原理:科学研究の方法論としての心身一如の生命弁証法

新生命医学会
https://www.chishima.net/

千島学説研究会
https://www.chishima-gakusetu.com/

まとめ

日本で2017年に癌(がん)で死亡した人は373,334人(男性220,398人、女性152,936人)という統計が出ています。

毎年日本では癌患者が増え続け、2017年には37万人以上の人が癌(がん)で亡くなっているわけですが、これはある意味で当然の事なのです。

福島原発の放射能の影響、農薬や食品添加物まみれで遺伝子組み換えの食品が出回り、電磁波の危険性が報道されない状況、癌(がん)を発病する状況が作られ、免疫を落とす状況が日本中に存在するわけです。

本当の情報は情報統制や情報規制されて出てきません。

免疫学の権威だった安保徹さんが命を奪われたように、ジャーナリストや報道関係者を含めて真実を伝えてくれる人は命を奪われるのです。

経済学者の植草一秀さんが竹中平蔵の政策を批判した事がきっかけで冤罪で逮捕されたように田布施システムによって支配されている日本政府の元でのいろいろな腐敗はどうにもならない状況です。

警察や検察、裁判所は犯罪を隠蔽したり、でっち上げたりする立場に加担してしまっているのが日本の現状です。

私が掲げるJプランとJプロジェクトはなんちゃって日本人(なりすまし日本人)が東朝鮮として支配する日本を本物の日本人によって一から新たに作り直すプランです。

実現すれば年間で何万人どころか何十万人のまっとうに生きようとしている日本人の命が救えますし、世界はより良い方向に進み始めます。

言霊(ことだま)的には「実現すれば」ではなく「実現する」という言い方になります。

追加情報

英紙「サン」(4月27日付電子版)などによる報道を日刊ゲンダイがニュースにしていますが、オクラホマ州エドモンドに住むジョー・ティッペンズさんという男性が全身にがんが転移し、「余命3カ月」といわれた状態から、犬の駆虫薬として使われるフェンベンダゾールを服用してがんが消えたという報道が出ています。

がんが全身に転移…余命3カ月の男性が犬の駆虫薬で完治?|もぎたて海外仰天ニュース
 ホント? なんて声が聞こえてきそうだ。 全身にがんが転移し、「余命3カ月」と宣告された米国の男性が、犬の...

ヤフーニュースにも掲載されました。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190504-00000011-nkgendai-life

癌(がん)の本質ともいえる真菌説を絡めてかなり鋭い分析をされている記事もあります。

参考:https://golden-tamatama.com/blog-entry-2019-05-06.html

コメント

  1. なつうさぎ より:

    上であげられた方法の多くはガンの予防ステージでは効果があるとされています。
    批判される標準療法についてですが、TNM分類にどの治療がどのくらい有効か、または有効ではないかが詳細に定められており全く効果のないステージで推奨外の治療を選択することは副作用の面から強く制限されています。

    上で紹介された種々の療法が、どの部位のガンの、どのステージで有効かを示すことは必須であると考えました。
    また、昨今ノーベル賞を受賞したニボルマブ(オプチーボ)という新作用の抗がん剤がありますが、こちらに対するヒロさんのご意見を伺いたいです。

    • 覚醒王ヒロ より:

      なつうさぎさんコメントありがとございます。

      もう少し記事の参照URLを増やした方が親切なのですが、上記の記事で紹介している医師の近藤誠さんはご自身のホームページや書籍、動画などで癌(がん)の部位やステージによる、標準治療の問題点を挙げられているので記事を見て気になられた人は参照してもらえればと思います。

      同様に健康診断の患者狩りといった受けなくてもよい医療の危険性や誤診の危険性なども指摘されています。

      https://kondo-makoto.com/

      他にもジャーナリストの船瀬俊介さんの書籍や動画、安保徹さんの書籍や動画、医師の内海聡さんの書籍や動画を参照しつつ、実際に自身や家族が重い病気になった場合はセカンドオピニオンやサードオピニオンなども活用して欲しいと思います。

      抗がん剤を否定されている医師の方々の間でもいくつかに意見が分かれていたりもします。

      記事を見て気になった方はキーワードを参考に検索していただければと思います。

      ノーベル賞自体が少し疑問のあるといわれる賞らしい(私はあまり知りませんでした)のですが、個人的にはオプジーボにも今までの抗がん剤と同様にきつい副作用が出る場合があるのでいいイメージはないです。

      がんと糖尿病 実は密接な関係があります!
      https://youtu.be/liqCh-x8aYE

      私は上記の動画でオプジーボの副作用として劇症1型糖尿病になる可能性が非常にまれにあるというのを聞いた事が頭に入っているくらいです。後は全身がんで闘病されている高須クリックの高須克弥院長のオプジーボについてのコメントも見ました。

      医師の近藤誠さんは下記の記事をご自身の見解として書かれています。

      夢の新薬・オプジーボは無効だった
      https://kondo-makoto.com/report/report002.html

      全体的にみると結局は日本(及び世界)が腐敗している利権問題の1つなわけですが、選択を間違えると命まで失うわけです。抗がん剤に限らず医療利権の問題の仕組みを医師やジャーナリストが公表してくれていますので、日本のきわめて重要な問題点の1つとして記事を読まれた方が自分で調べて考え、判断するきっかけになれば幸いです。

      医療関係の記事はもう少し増やす予定ですので、この記事も時間を見て追加や修正などする予定です。

  2. こおちゃん より:

    先日、腹痛で病院に2軒行きました。1軒は総合病院です。知り合いはそこに、ずっとかかっていましたが、末期の肝臓がんがで別の病院で見つかり、それが原因ですぐに亡くなりました。
    私は、2軒目の小さな病院で聞きました。普通、腹水が溜まるなら エコーはすると思うと。一軒目の総合病院では腹痛の原因は 便秘。触診のみでした。
    2軒目の病院で、エコーをしてもらいました。腹痛の方は様子見ですが、大腸がんが
    疑われる場合もあるようです。

    病院もよく選ばないとダメですね…。

    • 覚醒王ヒロ より:

      こおちゃんさんコメントありがとうございます。

      病院選びは本当に難しいですね。そもそも日本は病院で処方される薬での薬害や不要な健康診断で発病させようとさせられているわけですし、発見見落とし的な問題と共に誤診で抗がん剤を使われて命を奪われるパターンもあります。

      予防医学的な健康に関する基礎知識を身に付けてまずは病気にならないように気を付け、病気になった場合もしっかりとした病院選びをする必要があるわけですが、本物の日本人で政権を作って政治を変え医療利権の問題を根本から解決しないと多くの命が奪われ続けていくわけです。

タイトルとURLをコピーしました