よく言葉として耳にするようになったディープ・ステートという言葉の意味と、この言葉と非常に密接に関係している陰謀論について解説していきます。

まずはディープ・ステートとは何かというところですが、英語の単語では「deep state」です。

有名な組織名で言い表すならば「イルミナティ」です。

「deep state」自体は「影の政府」や「闇の政府」と訳せます。イルミナティの下部組織や隠れ蓑としてフリーメイソンが存在しています。多くの宗教などと同じで権力を持った上層部が腐敗して非人道的な事に関わっています。

ではディープ・ステート(イルミナティ)とよばれる組織は「影の政府」や「闇の政府」として一体何をしているのかを解説していきます。この問題の基本部分を理解するには何時間もかかりますし、本質的な問題や歴史的背景までを理解するには何十時間といった時間だけでなく理解力や社会経験を通して得た知識なども必要となります。

世界の支配構造

ディープ・ステート(イルミナティ)の目的は自分達の特権階級の利権を維持するために世界政府を作り、世界全体を自分達の都合のよく支配しようとしています。

陰謀論とも言われてきた新世界秩序(しんせかいちつじょ、New World Order)と呼ばれるNWOを実行している組織ですが実際に存在しているのです。

自分達の利権のために戦争を起こし人口を減らすために非人道的な事をしています。

影の政府や闇の政府と呼ばれるのはそのためで、先進国と呼ばれる多くの国の政府が既にその傀儡となり操られています。

どのように国家である政府を操っているのかですが、通貨発行権が根本の支配するシステムとして存在します。

イルミナティに支配されたアメリカの現状を非常にわかりやすく説明してくれている動画があります。

動画:ドキュメンタリー : 初心者のためのイルミナティ新世界秩序 – グローバル陰謀

根本的に資金面でディープ・ステート(イルミナティ)と密接に関わっているのがロスチャイルド家という財閥で通貨発行権を牛耳っていて莫大な資産を保持しています。

そして非常にやっかいなのがディープ・ステート(イルミナティ)は何世代にもわたって世界侵略ともいえる新世界秩序(しんせかいちつじょ、New World Order)を進めている事です。

まずは戦争を起こして両方の陣営にお金を貸し政府関係者にパイプを作ります。

そこから婚姻関係(すり替えもある)やお金での買収やハニートラップや暴力などのあらゆる手を使って権力の中枢に入り込んでいきます。

マスコミを買収し、テレビや芸能界なども手に入れて一般人を洗脳していきます。

そして自分達は決して表には出ず、悪事がばれても攻撃されないように政権同士や政党同士、民衆同士に対立を生んで争うように仕組んでいるわけです。

ロスチャイルド家と共に石油利権で巨大な資産を得たロックフェラー家も関係しています。

世界中の社会システムを石油エネルギー(石油利権)をベースに社会を構築し、石油依存させる事で地位を築いた財閥です。

画期的なフリーエネルギーの発明などは全て潰されてきました。お金による買収でマスコミや芸能界だけでなく、警察や検察、裁判所などもディープ・ステート(イルミナティ)の手に落ちていったのです。

西洋医学でインチキ医療が多いのは医療利権が関係しています。難病の治療法も暗殺や冤罪を被せるなどの卑劣な手口で潰されてきました。日本で効かない抗がん剤で日本人の命が奪われ続けているのも医療利権と人口削減が目的です。

特に日本人に対しては人口削減だけでなく種族を絶やそうとしているので、子宮頸がんワクチン(HPVワクチン)などを半強制で子供に摂取させて副作用を起こさせ子供を生めないようにしているわけです。

アメリカの支配構造

ディープ・ステート(イルミナティ)による新世界秩序(NWO)はヨーロッパから始まったわけですが、アメリカにもその手は及んでいます。

アメリカはなんちゃってユダヤ人(なりすましユダヤ人)に支配された国だともいえます。

偽ユダヤ人やなりすましアメリカ人という言い方も可能です。

マイノリティ支配とも言われています。

例えば本当のアメリカ人であれば、汚いお金で買収されて腐敗しない限りは自分の国の国民から財産を巻き上げて命を奪おうなどとはしないわけです。

元々の暴君的な人間だとありえるのですが、選挙システムがそれを許しません。

ですので傀儡となる操り人形と不正選挙の仕組みが必要になるわけです。

見せ掛けだけの演技をして、卑劣な事を平気でできる別の国の人間に(国籍は合法か脱法で細工)支配させる仕組みが根深く出来上がっているわけです。

アメリカはこの仕組みに気付いた後、軍部が中心に動いてトランプ政権を作りました。

アメリカ国防総省、NSA(アメリカ国家安全保障局)を中心に「Q」や「QAnon」が動いて道を作っています。「Q」の動画は日本語の字幕が出ます。字幕が出ない場合は字幕のボタン(アイコン)を押すと表示されます。

アメリカも日本やロシアと同様にディープ・ステート(イルミナティ)による選挙介入で不正選挙が行われていたようです。トランプ大統領は9.11アメリカ同時多発テロ事件の真相を明かすという立場にいました。

ケムトレイル廃止やワクチンビジネス廃止なども実行しているようなので、最終的に9.11の真相を公表するかどうかで本物か見極めれます。

トランプ大統領は実業家として何度か破産した時にロスチャイルド家の支援を受けているので注意して見守る必要もあります。

9.11アメリカ同時多発テロ事件を起こした連中やイルミナティやフリーメイソンの悪魔崇拝主義者がやってきたおぞましい儀式などを裁くためにブレット・カバナー氏が米連邦最高裁判所の判事就任がされました。

今後はアメリカの犯罪者やテロリストが逮捕されパージされていくシナリオが描かれています。

確かにこの通りになれば世界は大きく変わるはずです。日本としてはアメリカの成り行きを見守りつつ、本物の日本人がやるべき事や成し遂げるべき事を実行していく必要があります。

日本の支配構造

日本もアメリカと同じような構造で支配されているわけですが、アメリカと日本で大きく違うのは戦勝国と敗戦国という部分です。

後は黄色人種か白人社会かも違いがあったりします。

まず日本は明治維新でロスチャイルド家に仕掛けられて抜け出せない田布施システムが存在します。

マイノリティ支配の根幹がこの時に仕組まれたわけです。

戦後にGHQの洗脳教育とマスコミとテレビを使った洗脳によってアメリカのポチ犬となる植民地化が完成したわけですが、おそらく日本が戦争に負けたのはそもそも戦争する気もなかったのに負ける事がシナリオで決まった戦争にうまく誘導されたのが原因です。ほとんどの上層部がスパイか田布施システムのなんちゃって日本人(なりすまし日本人)だったわけです。

敗戦後にはアメリカのポチ犬となって植民地化されていくわけですが、政治や経済を白人が支配すると当然ながら反発が起きるわけです。

アメリカ人と偽ユダヤ人は区別するのは難しいです。

でも日本人と偽ユダヤ人は明らかに肌の色が違うのでバレるというか騙せないわけです。

そこで戦後も田布施システムのなんちゃって日本人(なりすまし日本人)を操って日本を支配させたわけです。

さらに日本人同士を争わせるために、背乗りシステムのなんちゃって日本人(なりすまし日本人)の勢力も綿密に作っています。マスコミや芸能界はどちらかというと背乗りシステム側に属しています。

ただし裏で操っているのはディープ・ステート(イルミナティ)です。

弱者や被害者を装った卑劣なゆすりやたかりをやっている、おぞましい反日国家の韓国の国民性や特徴と、なんちゃって日本人(なりすまし日本人)による日本のマイノリティ支配の構造が見えてくるかと思います。

全部グルになっていて裏にディープ・ステート(イルミナティ)がいるわけです。

例えば売国捏造新聞は正体がバレたわけです。

さすがに捏造記事を連発していれば嘘はバレます。

すると信用されなくなった売国捏造新聞(実際は背乗り工作員新聞)を使って今度はある程度は真実を入れてまっとうな指摘で田布施システムの日本政府を批判するわけです。

日本の国民に信用されなくなったメディアを使って真実を元に卑劣な犯罪政権を批判しても信憑性がなくなるわけです。

例えばユーチューバーのKAZUYAさんなんかは工作員疑惑がかけられていますが本人は否定しています。否定が本当で彼が工作員でないのであれば、見事にロスチャイルド家の仕掛けた田布施システムとディープ・ステート(イルミナティ)の情報操作に引っかかっているわけです。

全体的な支配構造がわかってないとかなり痛いですよね。汗。

マスコミのなんちゃって日本人(なりすまし日本人)の嘘の一部がバレてKAZUYAさんはそこを追求する立場なわけですが、そこだけでなく政治ならば既存の全ての政党やマスコミ全体が操り人形の傀儡となっている事に気付けてないわけです。日本は明治維新の時に実質的には東朝鮮化されて、なんちゃって日本人(なりすまし日本人)とディープ・ステート(イルミナティ)が仕掛けた茶番でのマッチポンプが続いているのだと気付く必要があるわけです。

売国捏造新聞(実際は背乗り工作員新聞)も決して抗がん剤ビジネスやワクチンビジネスなど、ディープ・ステート(イルミナティ)の医療利権を阻害する事は追求しません。

そして外国人の生活保護不正受給は自分達の仲間や手下にばら撒いているお金なのでマスコミは決して追求しませんし、これは裏で繋がっているお仲間の日本政府も追及しないわけです。

本物の日本人が外国人の生活保護不正受給を追求してくれている場合もありますが、仮に売国捏造新聞(背乗り工作員新聞)が追求しても田布施システムの日本政府でストッパーがかかるので茶番といえるマッチポンプの追求なわけです。

そしてご存知のように芸能界もなんちゃって日本人(なりすまし日本人)支配です。

アイドルビジネスなんて本当に卑劣で下劣な洗脳集金ビジネスですよね。汗。

アメリカと同様に政治、マスコミ、反社会勢力(マフィア)などは、マイノリティ支配の構造がしかれていて、脱法行為や違法な犯罪でお金を大量に蓄財しています。

そのお金を使って経済、金融も支配し、さらには警察や検察、裁判所なども汚染マネーで支配する構造になっています。

政治家や芸能人の凶悪犯罪が隠蔽されるのも強力な支配構造があるからです。

警察や検察は自ら裏金作りをして、冤罪をでっち上げる犯罪組織化しています。警察や検察の裏金作りに関しての組織的な犯罪は本物の日本人である仙波敏郎さんと三井環さんの実名による内部告発で判明しています。

権力者の凶悪犯罪の隠蔽や揉み消しはマスコミも巻き込んでおこなわれていますし、なんちゃって日本人(なりすまし日本人)の凶悪犯罪もマスコミの情報操作でミスリード(誤誘導)されたりしています。

日本の国会の衆議院予算委員会で原口一博議員が2018年2月7日にディープ・ステートについて発言されています。

「トランプ政権が出来て約一年が経ちました。今までは国と国が戦うのかなと私は思っていましたが、彼はワシントンから権力を取り戻すと述べていました。世界は、日本は、ディープステートという戦争屋の自作自演、偽旗作戦をしているのではないか、そのことを暴露しているのがトランプ政権です。」

軍産複合体についても話をされているようです。Youtubeにも動画があったようですが、情報統制で削除されているようです。

原口一博議員はディープ・ステート(イルミナティ)についても国会で発言されているのですが、いろいろと発言だけ見ると素晴らしい感じがします。

福島の原発事故で問題となったECCS(緊急冷却装置)を取り外したのが小泉政権だった事も追求されてました。

発言だけ見ていると素質があるんですよね。

ただ外国人参政権に賛成していたという危険人物ともいえる立場の方です。売国捏造新聞(背乗り工作員新聞)みたいなマッチポンプの茶番をしている人なのかというのを見極めるのって難しいところです。

なかなか理想の政治家はおらず、政治家とマスコミが嘘や虚構ばかりなので非常に判断がしにくい世の中です。

まとめ

ディープ・ステートとは何かという所と、別名でイルミナティ(影の政府、闇の政府)がどういった手段と構造で世界支配や日本支配をしているのかを説明しました。

かつては陰謀論と呼ばれていた内容ですが、確かに政府とマスコミを支配されて隠蔽や捏造での情報統制がされると表には出にくいです。

マスコミや芸能人を使っての洗脳も絶大な効果があります。

そしてディープ・ステート(イルミナティ)は新世界秩序(NWO)によって世界を支配するために、何世代にわたっても侵略を続けれる財政的な基盤とおぞましい受け継がれる思想をもっているわけです。

陰謀論はいくつかのパターンがありますが、多くは事実であり真実です。

特に内部告発系の陰謀論は嘘を付く理由もないのでほぼ真実です。

権力者や支配者層が何かを隠していると気付いた人が考察や分析によって出てくる陰謀論は仮説がいくつか出てくるので何が真実かは確かではないですが、指摘している事は本当の事が多いです。

真実がばれると今度は真実から遠ざけるためにミスリード(誤誘導)しようとする本物の工作員が出てくるので注意が必要です。

それと捏造情報によって一般人を互いに争わせようとする本物の工作員も存在するので真実を見極める目を養っていく事も重要です。

関連記事はこちら!