歌唱力において絶大な存在感のあるシンガーソングライターの鬼束ちひろさんが、身近な大切な人が抗がん剤を使う事になりそうなので、女性の命ともいえる髪をばっさりと切って丸坊主にした写真を2017年10月31日ツイッターで公開しています。

ファンの間でもその心意気に賞賛の声が上がっていています。

私も概ね同様の意見ですが、抗がん剤に関しては見極めるべき本質は別のところにあるなと今は考えています。

鬼束ちひろさんが丸坊主にしたのを時間が経ってから気付いたのは、北朝鮮の拉致問題を解決するための案を整理するためにIプランとIプロジェクトの前の構想段階におけるHプランとHプロジェクトを整理して記事にしていた時です。

⇒ HプランとHプロジェクトについて

人の心を動かすための方法や、アイデア(自分の想い)を行動に移せる人などについて鬼束ちひろさんに関して当時も今も尊敬はしていますが、抗がん剤についての考え方や必要な知識は別の次元で考える必要があると思って記事にしています。

鬼束ちひろについて

実は鬼束ちひろさんと、抗がん剤と芸能界は見えないところで深く関連性があって繋がっている部分があるので、掘り起こして考察していきたいと思います。

まずはツイッターに写真添付された手書きの文章をちゃんと読んでくださいねとあるので、文字起こしをします。

「ファンの皆さん、

いきなりびっくりさせてごめんなさい。

あたし坊主になっちゃいました笑。

実は身近な大切な人が、ガンと診断され、もしかしたら、多分、抗がん剤治療を始めると思います。

で、髪の毛が抜けてくって聞いたから、あたしも一緒に頑張らないと!と応援の意味で、こう決めました。

普段はウィッグを楽しみます!笑

その人が元気になるようにと、ファンの皆も祈ってね。

このように手書きで書かれています。今文字起こしをしてみて思い出したのですが、そういえばかつて私は小林麻央さんが乳がんで闘病されている時に病気が治るように祈った事があったなと思い出しました。

芸能界での立ち位置

まっとうな日本人に対して洗脳集金するためビジネスとして存在している業界が芸能界です。

薬物汚染されて、なんちゃって日本人が支配している芸能界で鬼束ちひろさんの立ち位置が気になったので少しだけ調べてみました。

少しだけ調べると奇行があるようです。

広末涼子さんの灰皿事件みたいなのとはまたちょっと違った奇行です。

それは2012年6月22日に鬼束ちひろさんのツイッターで起きた大事件です。

@CHIHIROID1980「よっ、と。服でも着るか。飽きて来た・・・。」

@CHIHIROID1980「あ~和田アキコ殺してえ。」

@CHIHIROID1980「なんとか伸介も殺してえ。」

いやこれは明らかにヤバイでしょ。汗。

進撃の巨人でいうところの奇行種かというくらいのぶっ飛びようです。

いくら芸能界が薬物汚染されていて、なんちゃって日本人がまっとうな日本人を洗脳集金するための業界で、反社会勢力とも密接に繋がっているからといって、これはまたちょっと意味がわからないというか、何かちょっとずれている感じがするというか・・・。

鬼束ちひろさんは悪い人ではないと私は思うのですが、心は何か病んでいる部分がありそうな気がするんですね。

何となくですがそれが歌の歌詞にも出ているように思うわけです。

2011年4月20のJ-CASTニュースでパニック障害に自殺未遂もカミングアウトされています。

https://www.j-cast.com/2011/04/20093712.html?p=all

2010年8月には、同棲中の男性に暴行を受け、全治1か月の重傷を負ったと報道されています。

狭き門といえわれる芸能界にデビューできる運やそれを可能にする実力を伴う歌の才能であったりで恵まれている面があるようにも見える反面、私生活で起きている事件など、精神的に病んでいる感じは見受けられます。

それが歌の歌詞にも現れていて、さらには抗がん剤の問題とも繋がっているのです。

すばらしい歌声と歌詞

鬼束ちひろさんといえばすばらしい歌声と心に響く歌詞を書かれています。

歌詞の内容だけ見れば覚醒者の可能性を秘めているようにもみえます。

ただ奇行も見られて、いつからかはわかりませんが、精神的には不安定な感じにも見受けられます。

とはいえ「月光」の曲と歌詞と歌声に心が動かされた人は多いと思います。

私も若いころに偶然にもこの曲を聴いて、いまだに記憶に残っているのですが、今の知識で少しこの曲の歌詞をみていきたいと思います。

私は神の子という歌詞の出だしからして、何か深い意味を感じさせるわけです。

「この腐敗した世界に堕とされた」

というのは確かに世界を見ても、日本を見ても、芸能界をみても腐敗しきった世の中である事に間違いはありません。

イルミナティやフリーメイソンという組織が絡む、人類削減計画(人口削減計画)なんてのは恐ろしい内容です。

テレビを含めたマスコミと芸能界が洗脳集金装置として使われているわけです。

鬼束ちひろさんの潜在意識(無意識)の中で世の中の本質を見極めれていたのであれば驚くべき事です。

もしくは普遍的無意識(集合的無意識)から何かを受け取っていたとすると何か大きな使命を背負っている可能性すらあるわけです。

さらに歌詞は続きます。

「効かない薬ばかり転がっているけど」

これはご自身に向けて作った歌詞なのかというのも気になる所です。

この頃はデビューして間もない2曲目の歌詞なので精神的にはまだ病んではいない時期だと私は思ったのですが、ご本人や当時から身近にいる人にしか真相や真実はわかりません。

この「効かない薬」とは精神的なものに関係する薬を指すのか、「抗がん剤」という「毒薬」ともいわれる薬の事を2000年の時点で潜在意識(無意識)や普遍的無意識(集合的無意識)から何かを受け取っていたとすると何らかの縁(えにし)を感じるわけです。

癌(ガン)と抗がん剤の知識

実は癌(ガン)という病気と化学療法として治療に使われる抗がん剤については例え医者や専門の研究者でなくても最低限の知識を持っている必要があります。

私は家族が癌(ガン)になった時も、不治の病を連想しましたし、素人が調べて知識を得ても意味はないだろうと考えて当時は何も調べたりしませんでした。

ただ2018年8月に運命に導かれたのか、調べて一定の知識を得る事になりました。

抗がん剤を使う治療については医師や専門家の間でも意見が分かれていて、何が正しい事なのかを判断するのは簡単ではありません。

でも私は日本人は明確に洗脳されているというのがよりわかりました。

例えばですが、「人工地震」なんて単語を聞くとあやしいカルト宗教や都市伝説を思い浮かべるかもしれません。

私もそんな立場でしたが、そもそもは日本政府が戦後には人工地震を研究していて新聞にすら取り上げられていた事がいつの間にか情報統制で忘れ去られて封印され、人工地震の可能性があるという意見に対しては頭がおかしいと見られてしまう状況になっている事を考えると恐ろしい世の中なわけです。

ツイッターの声

鬼束ちひろさんが、身近な大切な人が抗がん剤を使う事になりそうなので、女性の命ともいえる髪をばっさりと切って丸坊主にした事に対して、ファンの人の多くは賞賛して賛同されています。

私もその想いを行動に移す決断力や勇気は素晴らしいと思いますし、尊敬します。

そんなファンの人の中に抗がん剤は絶対やめてくださいという声があります。

私もこの記事を書く2ヶ月前であれば、この人は何を言っているのだろうか?と思っただろうと思います。もしくは意味を理解できないので読み飛ばしたでしょう。

今では抗がん剤は絶対やめてくださいと言っている人の伝えたい事と理由はわかります。

少し話がずれるのですが私も川島なお美さんについて記事を書きながら調べました。

ネットニュースの情報では川島なお美さんは抗がん剤を使ってないようです。

自分の闘病をブログにされていた小林麻央さんは標準治療を拒否して民間療法に頼っていたと報道されているわけですが、抗がん剤治療をされています。

鬼束ちひろさんはファンの人がコメントされている「抗がん剤は絶対やめてください」をどう受け止めのでしょうか。

身近な大切な人のために必要なのは知識です。

想いを行動に移して女性の命ともいえる髪を切った勇気は素晴らしい事で、気持ちは痛いほどわかるのですが、必要なのは知識だという事です。

そして気付いて考える事です。

鬼束ちひろさんの事を好きなファンの人が「抗がん剤は絶対やめてください」と言っているわけです。

何故この人はこんな事を言うのだろうかと考える必要があるのです。

考えた後には調べる(行動する)事が重要です。

もちろん薬物汚染された洗脳集金のために存在する芸能界にいるので理解されているとは思いますが、騙しにくる人もたくさんいるでしょうから、判断する知識や経験もベースとして必要になってきます。

例えば私なんかは悪質で卑劣なビッグローブ(Biglobe)というプロバイダが脱法詐欺師(すなわち合法)の営業を送り込んできて、情弱で経済的弱者だった私は騙されて大切なお金を奪われ絶望という名のどん底の経験をさせられて、一つの知識を得たわけです。

悪質で卑劣な企業のやってる事に騙されない為の知識です。

抗がん剤に関しては副作用があってデメリットがあるので、その隠蔽されている本質の部分を知識として持っている必要があるのです。

抗がん剤の副作用と危険性については別途記事を作ってまとめました。

日本人がどういう行動をとっていくべきかの結論は既に出ています。

⇒ 抗がん剤の副作用と治療に効果がないと危険性を訴える人がいる理由

まとめ

鬼束ちひろさんが坊主になった事と私が北朝鮮の拉致問題を解決するためにアイデアとして考えていたHプランとHプロジェクトが関係していた事がきっかけで、抗がん剤に関係した記事を書きました。

私は北朝鮮の拉致問題を解決するのを最優先に行動しているつもりですが、例えそれでも見過ごせない事もあったりしますし、協力者になってくれる可能性がある本物の日本人や、国籍や性別などを問わずに本物の日本人の心と魂に共鳴できる人達が悪意を持って故意に作られた病気で命を奪われていっては成せる事も成せなくなる訳です。

ですのでこの抗がん剤に関する問題を鬼束ちひろさんと関連させて記事にしました。

例えばIプランとIプロジェクトでは芸能人のトレンド記事を書けるライターやブロガー、アフィリエイターもコンテンツ部隊として募集しています。

この記事を例にすると「鬼束ちひろ 坊主 抗がん剤」が題材となっている記事になっているわけです。

北朝鮮の拉致問題が題材になっているハンターハンターに関連する芸能人や有名人の記事を作って、アクセスを集めてIプランとIプロジェクトのブログであるこのIPIP通信にアクセスを流して協力者を増やすチームも募集しています。

⇒ IプランとIプロジェクトの協力者募集

⇒ Iプロジェクトの組織体制毎の協力者募集

癌(ガン)という病気と戦っている患者さんとそのご家族の人はまずは必要な最低限の知識を身につけてください。

そして何をしないといけないのかを考えて必要な行動をとって下さい。

私も少し自分のやるべき方向性を考えさせされる事がありました。

北朝鮮の拉致問題を一刻も早く解決しようと問題の本質、現在の状況を何も理解しないままハンターハンター覚醒ブログをひたすら作っていました。それは必要な事であったとは今でも思いますが、協力者の募集を始める段階で田布施システムに気付き、その内容を深く調べるとあまりにも深い日本を支配するために仕組まれた抜け出せない政治の闇が見えてきました。

北朝鮮の拉致問題を解決するためには信念と知識と戦略が必要になります。

そこに気付けただけでも進歩ですが、時間が足りません。

この記事を作るきっかけは、子宮頸がんステージ4でも北朝鮮の拉致問題に協力する事を申し出てくれた方がこのブログにコメントしてくれたからです。

この記事を読んでくれた人に私が知らなかった覚醒者の可能性がある女性の曲を紹介します。

たまに調べ物をしていると見かけるブログでこの曲が紹介されていました。

ダイアナ・ロスの「If We Hold On Together」です。

我々は田布施システムなどに負けるわけにはいかないですし、負けるはずがないのです!

シャンドラの火を灯せ。

縄文人の時代から受け継がれた本物の日本人に宿りしYAP遺伝子の魂の力を見せてくれ!

関連記事はこちら!