ワンピースの英語版を全巻(できれば日本語版も全巻)持っていて、日本語のONE PIECE考察ブログを英訳できるビジネスパートナーかボランティアの方を募集します。

これはIプロジェクトにおける北朝鮮の拉致問題を解決するための世界の覚醒に向けたフェーズ3の協力者募集に関連する内容です。

作業の内容

作業の内容は私(覚醒王ヒロ)が作っているワードプレスのブログを英訳(多言語化)してもらいます。

英語以外にも他の言語のコミックを持っていて多言語化できる人も同時に募集します。

URL:https://op.awakening-wave.info/

上記内容を丸々英訳(多言語化)していってもらいます。英訳者としてのハンドルネームを伴っての作業(お仕事)となります。

元々は記事入れ全般を協力者募集で行う予定でした。どちらかというとワンピース考察ブログは北朝鮮の拉致問題解決ではなく、世界平和の実現に向けたJプランとJプロジェクトの協力者を集めるために活用するつもりでした。

少し予定が変わってワンピースの作品の力も借りて北朝鮮の拉致問題を解決するための協力者を集めていきます。

Dの意思やラフテルの謎をある程度私が解いたので、自分で覚醒考察ブログの記事を書いて、北朝鮮の拉致問題解決の協力者を募るように予定を変えました。


ワンピースにも日本人に宿りしYAP遺伝子の信念が詰まっているからです。


ハンターハンターの作者・冨樫義博先生と同様にワンピースの作者・尾田栄一郎さんも覚醒者で本物の日本人だという事です。

英訳する際の重要なポイント

下記はハンターハンター覚醒考察のブログの英訳する時の注意点とワンピース覚醒考察のブログを英訳してもらう際の注意点は同じです。下記の例はハンターハンター覚醒考察での例ですが、同じ事がワンピース覚醒考察の英訳(多言語化)にも当てはまりますので参考までに確認してください。

下記は同じような募集内容です。

⇒ ハンターハンターの英語版を持っていて英訳(多言語化)できる方募集

例えばですが、レオリオがジンに「いっぺん死ね」というセリフを考察している記事があったとします。

実際に私は考察記事を書いています。

URL:https://hh.awakening-wave.info/speech/leorio-speech2/

この時に、英語版で「いっぺん死ね」がどのように訳されているかなどは非常に重要なポイントになります。

例えば意訳されて「地獄に落ちろ」と訳されていると全くセリフの伏線(この記事の場合は予想での考察)が台無しになる可能性があるわけです。

必ず「一度死んで来い」のように訳されていないと、私の考察記事の意味が通じなくなるわけです。


そういった場合に私の考察ブログの記事も意訳する必要性が出てきます。


オリジナルの英語版の英訳がそもそも伏線を汲み取れずに失敗していると考えられ、ここは英語でこのように訳されていないと読者に対して本来の意味が伝わりません。

その訳を元に日本語を読んだ日本人のブロガー(私の事)はこのようにこう考察しています。といった補足を入れる必要性があるのです。


単に英訳のプロではこなせないお仕事です。


本当にハンターハンターが好きで、私が書いている考察ブログの記事についても真意を読み取れている必要があります。

例えば漫画の原作の真意を汲み取ってないアニメの劣化とかってどうしても発生するかと思います。

解釈の1つというわけでなく、明らかに解釈を間違ってる内容とかってアニメ化では起こりえますが、そういった事をできる限りなくす様に英訳いただきたいのです。

ただし修正の出来ないアニメと違って今回の募集はブログの英訳ですので、最初間違っていても随時修正が可能ですので、あまり難しく考える必要はありません。

ビジネスパートナーの条件

ドメインとワードプレスの準備は私がするので、できればワードプレスを使って直接記事を英訳しながら作っていってくれる方が望ましいです。

テキストで英訳してもらってもそれを私がワードプレスに記事を入れ直していくのは時間的に効率が悪いからです。

英訳の仕方はおまかせしますが、少し記事を書く際のポイントというのはお伝えする事になります。

読者に読んでもらえる記事に仕上げるのはかなり大変だったりします。

報酬は成果報酬

予算がないのでビジネスパートナーとしての協力者を募集しますが、成果報酬でのお支払いとなります。ちなみに私の月収は5万前後で、貯金は底をついてる感じです。汗。

悪質なプロバイダのビッグローブ(Biglobe)に情弱ゆえに脱法詐欺(すなわち合法)で騙されたのもキツイです。

英訳してもらったブログにアクセスが集まって、一定の広告収入があった場合に、その中から定期的に運営管理費として業務委託契約のような形で報酬をお支払いします。


ですので広告収入が入らなければ、ただ働きになる可能性もあるという事です。


仮に1人で対応してもらっている場合は、広告収入の7割から8割くらいまではお支払いしたいと予定しています。複数人で英訳してもらう事になってくると分配は別途考える必要があります。

規模が大きくなればIプロジェクトの他の部分にも予算を回す事も想定されます。

例えば英訳以外(フランス語訳とか)の対応をしてくれる人が協力してくれていた場合、そちらがずっと無収入でがんばってくれている場合にはそちらにも予算を取ったりしたくなる事があるかもしれません。

最初にある程度の規約的なものは決めますが、成果報酬の支払いには臨機応変に対応してもらえると助かります。

広告収入のデータやいろいろな情報は知りたければすべてお伝えします。

まとめ

ワンピース覚醒考察の英訳(多言語化)をしてくれるビジネスパートナーの募集についてまとめました。

実際のお問い合わせから、応募してもっらって、作業開始、成果報酬が出てからのビジネスパートナーとしての契約手順などについては別記事にまとめます。

関連記事