ニュース系YOUTUBER(ユーチューバー)で「さゆふらっとまうんど」と名乗りフリーのジャーナリストとしても活動している人物が何者で、工作員ではないのかと疑惑も出ているようなので分析と検証をしていきます。

一見すると怪しい感じがして、何を言っているのか意味のわからないような事を動画ではしゃべっているので、何者なのかは気になるところです。

本名は平塚正幸さんという方で一般人としてテレビ出演した事もあります。

ちなみに「ふらっとまうんど」は本名の平塚を英語にしたみたいです。平(flat)塚(mound)ということです。社会活動家としても活躍されています。

支援者もいる反面、意味のわからない事を動画でしゃべっている関係上キッズ系のアンチの子供さんが多くなるようで黒い噂もささやかれ、工作員として疑われている事についてもまとめていきます。

薬物使用の疑惑

キッズ系のアンチの人が増えてくると怖いもので動画で意味のわからない事というか普通には理解できないような事を話していると薬物使用の疑惑まで噂されてしまいます。

さゆふらっとまうんどさんが何者かと調べた人にとってはかなりヤバイ人なのかもと思うかもしれません。

実はこれがかなりヤバイ事だったりするんです。

実際に薬物を使用して逮捕された芸能人にASKAという人がいたわけですが、このASKAとの共通点みたいなものが指摘されているのです。

シャブ&飛鳥の仕草

日本人の洗脳集金システムとして作られて機能し、薬物汚染されて反社会勢力と結びついたなんちゃって日本人が支配するのが芸能界です。

田布施システムは政界以外にも波及していて、非常に根が深くよく作り上げられたシステムです。

本物の日本人をおとしめるのが目的として作られた汚染業界でまさにやりたい放題をやってきた芸能人の一人としてチャゲアス(CHAGE and ASKA)の名で親しまれたユニットの片割れASKAという人物がいます。

薬の使用で逮捕され犯罪者になったのがASKAこと飛鳥涼です。

まさに多くの芸能人が典型的にやっている事の一つとしての逮捕例なわけですが、運悪くターゲットにされて悪事がバレたために転落の道を歩んでいる人物といえます。

本名は宮崎重明なのですが、何かあの悲惨な事件を思い出す苗字で、ここにも深い因縁があるかのような気がします。

このASKA(宮崎重明)が笑っていいともの番組に出線した時の仕草はまさに目を見張るものがあります。

挙動不審というか言っている事も何かあやふやで、そしてやたらと鼻を触る仕草をするのです。

結局は後に薬物使用で逮捕されているのですが、まさに薬物常習者がする特徴的な行動をとっているわけです。

薬物汚染された芸能界でノリピーことヤクピーと呼ばれた酒井法子が超ハイテンションでインタビューされていた時の印象的な映像などが記憶に残っている方もいるかと思いますが、まさにそういった挙動を見せているわけです。

ビートたけしさんにシャブ&飛鳥とまで命名され、薬に溺れ薬漬けとなったASKA(宮崎重明)ですが、実は可能性を秘めた人材ではあります。

日本人を洗脳して集金するための業界でやりたい放題していたASKA(宮崎重明)ですが、薬物汚染された業界で反社会勢力ともつながっていたこの男が国の英雄ともなる可能性を秘めているとは誰も気づいてないわけです。

⇒ 

さゆふらっとまうんどの仕草

意味のわからない理論や言論で世の中の人を混乱させているようにも見られるさゆふらっとまうんどさんですが、なぜ彼が中傷ともいえる薬物使用の疑惑をかけられたかというのには理由があります。

彼は社会活動家として活動されているのを見ていると人間性があると私は思います。

ただ中傷ともいえる薬物使用の疑惑をかけられた理由として、彼が撮影している動画であまりにもシャブ&飛鳥と同じような挙動不審な仕草をしていたのが一つの原因となっています。

あまりにも不自然に鼻を触りまくっている動作が見受けられるのです。

確かにさゆふらっとまうんどさんが動画で非常に怪しい挙動を見せているのは事実で、シャブ&飛鳥が笑っていいともで見せていた挙動とも一致しています。タモリさんもすごい鋭い突っ込みを入れてましたが、アンチの人がこの動画を見つけてきて指摘する労力的な部分もなんとなくすごいと思います。

この動画の内容は非常に愚痴っぽい内容で、見る価値はほぼないですが私は検証のために何度も見る羽目になったわけです。

確かに何度も鼻を触っていて挙動不審な感じがします。

行動心理学で鼻を触る行為

さゆふらっとまうんどさんに逮捕されたシャブ&飛鳥と同じ疑惑がかけられて、確かに指摘されている鼻をやたら触る仕草や意味不明な理論や言論に整合性があったので心理学を確認してみました。

行動心理学で人の動作には何らかの意味がある事が多いわけです。

するとかなりヤバイ事実がわかりました。

行動心理学では2人の挙動がぴったりと当てはまる事が実証されてしまったのです。

  • 気が弱い
  • 嘘をついている
  • 何か言いたい事がある

笑っていいともに出演しているシャブ&飛鳥がタモリさんとの会話している中で挙動不審な態度でやたら鼻を触って意味不明な事を言っているのはまさに気が弱く嘘をついている人の典型的な行動なわけです。

隠し事がある人ともいえます。

一方でさゆふらっとまうんどさんも不自然なまでに鼻をさわって、元からこの人は意味のわからない事を言っているわけです。

さゆふらっとまうんどさんのあまり見る価値のない動画を最後まで見ると、彼は自分の活動が世の中に評価されてない事に愚痴を言い出してます。

彼は長い間がんばって活動しているので気持ちはわかります。

ずっと溜め込んでいた事を吐き出しているような動画で見る価値はあまりないですが、薬物使用疑惑をかけられた鼻を触る動作というのは何か言いたい事があるという心理の行動の現われだったわけです。

行動心理学的にシャブ&飛鳥とさゆふらっとまうんどさんの挙動がぴったりと当てはまったわけですが、全く別々の内容だったというわけです。

私の中ではさゆふらっとまうんどさんが違法な薬を使用しているという疑惑は晴れたわけですが、かなり無駄な時間を消費しました。

工作員に関する疑惑

世の中のためにかなりがんばっているように見られる社会活動家のさゆふらっとまうんどさんに工作員の疑惑もかかっているようなので、こちらも分析と検証をしてみました。

工作員とは誰かの指示で誰かを思想などで誘導したり破壊工作などをする人です。工作員のタイプなどにもよりますが、専門的な高い技術やカルト宗教の教祖のようなカリスマ性、陰謀論者であれば知見や知識に高いレベルが要求されます。

どう考えてもさゆふらっとまうんどさんは工作員ではないです。

ニュース系YOUTUBER(ユーチューバー)として特務機関がどうのこうの言って世の中を混乱させているような事が工作員だと思っている人はいるかもしれませんが、いやこんな意味不明な事には誰も耳を貸さないだろうという話です。

やはりキッズ系のアンチの人が増えると5ch(旧2ch)などのスレッドなどで根拠もなく意味不明な工作員認定や中傷が起きるようです。

ゲーム系YOUTUBER(ユーチューバー)のマックスむらいさんがやたらとキッズ系のアンチから絡まれ中傷されていたのも少し似たような状況だったのかもしれません。

不正選挙疑惑の追及

さゆふらっとまうんどさんはニュース系YOUTUBER(ユーチューバー)として特務機関がどうのこうの言って意味不明な言論を繰り返していろいろと分析されているわけですが、正直言って見ていても何の根拠もないような分析が多くうんざりします。

ただ一部に的を得た分析もあって、意味不明な事を言ってミスリードを狙っているのかと思わせる事もあるわけです。

そんな彼も不正選挙疑惑の追及に関してはかなり真剣に活動されていたようです。

不審死によって命を奪われた犬丸勝子さんと一時的に行動を共にされていただけあって、不正選挙疑惑の追及に関する総括をしている動画だけはかなり高いレベルの分析と実際に行動を伴った活動における活躍もされているようです。

実際に不正選挙を追求されてきた人として非常に説得力があって行動が伴い、分析力も光るものがあります。

この動画で話されている人物が後に根拠のない特務機関がどうのこうのという意味不明な言論に走っているのが信じられないわけです。

実は私は考察によってその根拠の部分を見つけ出しています。

この状況は社会活動家の分析レベルとしてはかなり劣化しているように私は思います。アンチ系のキッズから工作員だという疑惑がかけられる一つの理由になるかと思います。

実は後にわかったのですが、さゆふらっとまうんどさんはかつて陰謀論の業界では有名なリチャード・コシミズさんの講演会などにも実際に参加されていた過去があるようです。

リチャード・コシミズさんは微妙な評判がある方です。

ある程度は一緒に活動されている時期もあったようで、犬丸勝子さんを含めて不正選挙の追求をされていたという事もあり、リアルでの顔見知りだったようです。

流れ的にはどうも不正選挙追求という同じ目的で活動していた集団(個人や組織やグループなど)が分裂し、あいつは工作員だという事をお互いに言い出したという経緯があるようです。

この流れを理解しないとさゆふらっとまうんどさんが何者なのかというのも理解しずらいわけです。彼のHPにはわかりやすい経緯などは書いてなくて昔から知っている人でないとある種の意味不明な事を言う目立ちたいだけのニュース系YOUTUBER(ユーチューバー)と勘違いしてしまう人もいるかもしれません。

キッズ系のアンチの人は別として、さゆふらっとまうんどさんを本気で工作員だと言っている人はいろいろな意味で怪しいですし、単に知識やレベルが足りないのだと思います。

まとめ

いろいろな疑惑のあるさゆふらっとまうんどさんが何者なのかと思っている人もいるようなので、分析と検証をしてまとめました。

結果としては薬物使用疑惑や工作員疑惑に関して「白」と私は判断しました。キッズ系のアンチを作るとかなり変な難癖をつけられますので気をつけた方がいいわけですが、実際にそのようになるように自分で誘導している部分もあるので注意が必要かと思います。さゆふらっとまうんどさんは別に炎上芸をやっているわけではないんですけどね。

不正選挙の追及では高い分析力を見せた後に劣化した感じがします。

私は劣化後のさゆふらっとまうどさんが作った動画を先に見るきっかけがあって、かなり時間をかけて見たわけですがうんざりする内容が多かったわけです。それでも見続けて、自分が本当にやりたい事を一旦止めてまで彼に関する動画や記事を自分の人生の時間(命)を使って検証しているのには理由があります。

今のさゆふらっとまうんどさんはいわゆる、エセ工作員みたいな感じになっているような気がします。おそらくですが、田布施システムを知らずに安倍晋三を持ち上げている感じがするKAZUYA ChannelのKAZUYAさんとか、無茶苦茶な感情論とコンプレックスの塊で作り上げた意味不明な理論で本質を突いている田嶋陽子さんであったり、売国捏造新聞として信頼を失ったメディアが正論にて安倍晋三を叩いて誤誘導させてるような感じです。

ちなみに売国捏造新聞はエセでなくマッチポンプの工作員メディアといえます。

さゆふらっとまうんどさんと国の英雄となる可能性のあるシャブ&飛鳥と命名されたASKA(本名:宮崎重明)を絡めて記事にしているのは冤罪の可能性が非常に高いと私が思った事件と関係しているからです。

日本は凶悪犯罪に関しても偽装社会が作り上げられ信じられないような非人道的な事がおこなわれているのです。

⇒ 

関連記事はこちら!