ケムトレイルとは飛行機によって空中に巻かれている有害な化学物質や細菌などを散布する事によってできる飛行機雲に似た雲の事であったり、有害な化学物質や細菌(ウイルス)などを散布の事を意味する言葉です。

ケムトレイル自体は造語なのですが、英語の単語ケミカル(chemical:化学的な)にトレイル(trail:航跡)もしくはコントレイル(contrail:飛行機雲)をつなげて出来た混成語(かばん語)です。


2004年にエイミー・ワージントンさんという方が使い始めた言葉です。


エイミー・ワージントンさんによってケムトレイルの内容が説明されたサイトも存在します。

https://archives.globalresearch.ca/articles/WOR406A.html

何のためにケムトレイルが散布されるかですが、人口削減のための殺人プロジェクトであったり、ウイルスとワクチンの人体実験、気象操作などが世の中には情報として出回っています。

ケムトレイルの嘘と真実

ケムトレイルという言葉が出たのが2004年だったので、2001年9月11日に起きた9.11アメリカ同時多発テロ事件の数年後という事になります。

9.11アメリカ同時多発テロ事件がアメリカの自作自演だと騒がれ出したのがいつなのかという部分と整合性を確認していかないといけませんが、事実を知った人の内部告発の一部と考えれます。


9.11以降アメリカがおかしいと思い始めた人はたくさんいるのでしょう。


ケムトレイルというものが嘘なのか真実なのかというと真実です。

ドイツとアメリカではテレビメディアも取り上げた事が話題になっています。実際の番組名を調べれた人はコメントいただければ追記します。

アメリカのトランプ大統領が自身のツイッターでケムトレイルをやめさせるとつぶやいてるスクショがネットには残っていますし、9.11アメリカ同時多発テロ事件も再調査すると公言していました。

また2017年6月にトランプ大統領はケムトレイル散布のために改装されたボーイング767を視察して、ケムトレイルのプログラムをやめさせるとの発言が「NBC news report today」の報道で出ています。

「Donald Trump nbc chemtrail」などで英語のサイトをググって下さい。

隠蔽しようとしている工作員

ケムトレイルを嘘だと言っている人間の大部分は隠蔽に加担している工作員の可能性が高いです。

陰謀論と呼ばれるものに分類される話題の基本はそれに関わった人間の命を懸けた内部告発であったり、情報機関に所属する人間の内部告発、それらの情報を元に調査した人達の発言や調査結果です。


多少の認識のずれがあろうとも基本的に嘘はないわけです。


陰謀論系の話題において日本語のwikiは基本的に隠蔽側の人間が工作して、それらしい事を書いていますので見極める目が必要になります。

日本でケムトレイルの話題については陰謀論や疑似科学という分類として扱われ、嘘だという風に情報操作されていますが、基本的に多くの陰謀論の話題は内部告発などが元になっているので真実です。

それと首謀者側の人間が、内部告発者や真相を突き止めた人に対し、あの人は頭がおかしいと陰謀論者とレッテルを張ってもみ消そうとしているだけです。

レッテルを張れないほど核心を突いた批判に対してはでっち上げの逮捕で冤罪がなすりつけられたりもします。ネットでは売国奴と呼ばれている竹中平蔵に対する政策の批判に対して、植草一秀さんが痴漢をでっち上げられて逮捕され起訴されたのが一つの例です。


最悪のケースは世界中でいろいろな人が命を奪われて口封じされています。


農薬大手モンサントの除草剤「ラウンドアップ」が原因で悪性リンパ腫を発症したと主張する末期がん患者の裁判があり、末期がん患者に賠償320億円というニュースが2018年8月11日前後に海外メディアでは報道されていますが、人口削減と利権維持に加担している日本のメディアはだんまりです。

こういった隠蔽されている情報の大元は基本的に裏でつながっています。

ケムトレイルを信じている人

ケムトレイルをどういった人が信じているかとう部分に注目したいと思います。

当然ですが化学物質や細菌などを散布する側の人間は自らやっているので、わかっているはずです。ただ隠蔽しようとしている側にも回っています。


そもそもアメリカ政府や他の国の政府も加担や黙認してきたわけです。


もちろん腐敗しきった売国奴の日本の政治家は黙認の立場だと思いますが、加担や隠蔽の幇助(ほうじょ)までしてたら完璧な犯罪ですよね。

伊藤詩織さんの事件をもみ消したり、森友学園問題や加計学園問題を考えると、日本政府には疑惑しか湧いてこないわけです。

少なくともアメリカでのケムトレイルをやめさせたトランプ大統領は全て理解している側の人間です。


では一体だれが世界各国でなんのためにケムトレイルを散布しているのかという所です。


これは実際に存在するイルミナティという名前でも出てくる組織(秘密結社のようなもの)が関わっています。

海外でもイルミナティという組織の名前は既に有名で、いろいろな内部告発の調査結果に関する講演などでもイルミナティという組織は話題になっています。英語のYotube動画などでも頻繁に出てくる組織の名前です。


戦争利権や石油利権、医療利権などを支配する傍らで並行して人口削減を裏で行っているわけです。よく名前を聞くフリーメイソンなども下部組織として関係していると言われています。例えば会社の買収などは複数のダミー会社を経由したりするので、一見その組織の大元が誰なのかはわからないように細工されていますが、専門家やその分野に詳しいジャーナリストが調べた事によって明らかにされてきています。

陰謀論系の話題は結局は裏で一つにつながっているという事です。

内部告発や実際に調査している人

ケムトレイルについて内部告発している人や実際に詳しく調査している人は存在を知っていたりするので、信じている人です。

有名な人の中に元FBI長官テッド·L·ガンダーソンという方がいます。イルミナティの事もかなり深く調査されていた方がケムトレイルについても調査されて公表されています。


FBI幹部(ロス支局のトップ)の人もケムトレイルについて語っています。


佐野美代子さんという方が自分のブログで一部を翻訳してくれています。

パーキンソン病、アルツハイマーなどが増えたのはケムトレイルが原因と考えられています。ADDや自閉症が増えているのもアルミニウムが要因の一つで関係しているようです。

日本ではジェイ・エピセンターさんがワールドフォーラムでケムトレイルについて講演をされています。



ワールドフォーラムは情報統制と情報規制によって洗脳された日本人に真実を伝えるために本物の日本人である佐宗邦皇(さそう くにお)さん作られました。

多くの人が命を奪われている

ケムトレイル自体が有害なのでこれによって時間をかけて命を奪われている人は本当にたくさんいます。

当然ですが内部告発者や調査して公表している人も命を狙われて奪われています。


さらには細菌研究者であったり、免疫学などに詳しい人なども不審死で命を奪われています。


免疫学では安保徹名誉教授が日本では世界的に有名な方でしたが、突然死されています。

スピリチュアルやオカルト関係の人

ケムトレイルは陰謀論や擬似科学というレッテルを貼られて隠蔽工作に使われるわけですが、ケムトレイルを伝えてくれている人の中には、スピリチュアル系の人や宗教系の人もいたりするわけです。

例えばカルト宗教の人がケムトレイルについての危険性をいくら説いてまわっても怪しいだけで誰も信じません。

スピリチュアル系の人の場合も、それを信じてまっとうに活動されている人もいますが、霊感商法などに使って悪質な詐欺行為を働いている人もいるわけです。


UFOとかの都市伝説の話が出だすと明らかに怪しくなりますよね。


ケムトレイルが嘘だと思わせるようにわざと怪しい人物が危険性を説明している可能性もありますし、宗教関係の人の場合は何かを信じやすい人が、騙されて信じているんだという風に見られる事もあるでしょうから、本当に見極める目を自分自身で持つ必要があるわけです。

佐野美代子さんという方はブログを見た感じはスピリチュアル系の人のようですが、英語ができる事もあって普通に善意であったり勇気をもって海外の情報を公表してくれているのだと思います。

アメリカでは一般の女性が自分の人生を懸けてがんばっておられたりもします。そもそもアメリカが率先してやっているんだけどという皮肉を言いたいところですが、この女性はやはり尊敬すべき人です。

腐敗しきった売国奴の日本の政治家や汚染官僚とはまったく違うタイプの人間です。

「資料廃棄」という虚偽答弁を繰り返した汚染官僚の佐川宣寿なんかには見習って欲しいところですが、まず無理でしょうね。



こういった活動もあってトランプ大統領が誕生した可能性もあります。

ちなみにトランプ大統領は何度か(4度)破産してますが、その時に資金提供して助けた財閥はロスチャイルド家のなので、日本のケムトレイルを止める気があるのかは不明です。

まとめ

ケムトレイルについては海外ではテレビなどでも取り上げられはじめたようなので、一般の人もかなり知識が増えてきたのだと思います。

アメリカはトランプ大統領がケムトレイルの散布はさせないという方針を明確にしています。


当然ながらそれまでは事実を必死に隠蔽しようとあの手この手を使っていたはずです。


世界中で起きているおかしな事の多くにイルミナティという組織の利権や人口削減計画が関係しているのです。

効果のない抗がん剤が日本でだけ使われ続ける量が減らないのと、癌(がん)での死亡者数が増え続けているのも関連しているわけです。

腐敗した政治家と汚染官僚はこれらの行為を止めれなくて涙を呑んでるのではなく、利権を手に入れて喜んで手を貸している売国奴だという事なんです。


ケムトレイルは世界中で散布されているので当然日本も同じです。


日本のどの地域でどれだけ、誰がどこの飛行場からといったところを調べる必要があるわけです。

トランプ大統領がアメリカのケムトレイルを中止させた後に日本では何か変わったのかなども含め、日本の状況を確認していく必要があります。

平行してアメリカでは完全にケムトレイルの散布が止まったのかの情報も集める必要があります。

⇒ ケムトレイルの日本の現状と対策について

関連記事